PTSD(心的外傷後ストレス障害)

当研究所では、様々なクライアントの今の心と体の状態や、PTSDの症状に合った催眠療法、心理療法を行っています。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは

思いもよらない突然のショック(災害、犯罪、事件、性的暴行、虐待)の被害を経験することによって生じる精神的障害です。

このような出来事を経験しても、発症する人とそうでない人がいます。
性格や精神障害の家族など様々な要因が発症に影響すると言われています。
そして、外傷的な体験が日夜繰り返し思い出されたり、夢にまで出てきたりします。

このような症状が1ヶ月以上持続し自覚的な苦悩や苦痛、社会的機能の低下が明らかである場合、PTSD(心的外傷後ストレス障害)と判断されます。
また、健忘、現実の喪失、感覚や感情の麻痺などが1ヶ月以内に強く現れている場合は、ASD(急性ストレス障害)といわれ、PTSD(心的外傷後ストレス障害)と区別されます。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)による症状

症状としては、
1.自分が生きている気がしない
2.離人感
3.人がわずらわしくなる
4.感情の動きがなくなる
5.人前に出られなくなる
6.突然の吐き気や手がふるえる
7.睡眠障害、不安神経症が起こる
8.過食、拒食症やアルコールに依存する
9.しがらみやトラウマに携わる悪夢をみる
10.時間の感覚がなくなり、記憶がとぎれる

このような症状は、うつ病などの症状になりやすい人とは違い、主に自分の悩みや弱さを人には見せない(明るく前向きに考える人、自立心が強く頼らない人)が発症しやすいと言われています。
ただ、様々な家庭環境や被害後の治療方法が作用しますので一概とは言えません。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療

療法による治療としては、
1.EMDR(眼球運動による治療)
2.催眠療法
3.カウンセリング
4.自己暗示療法
5.行動療法
6.アロマセラピー
などがあげられます。

お気軽にご相談ください。

当研究所では、様々なクライアントの今の心と体の状態や、PTSDの症状に合った催眠療法、心理療法を行っています。
まずは相談してみませんか?初回相談(無料)のお申し込みはこちら
資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ
疑問・質問がある方はこちらからどうぞ

横浜催眠心理研究所
〒222-0036
神奈川県横浜市港北区小机町128-1
TEL&FAX 045-475-0840